愛が呼ぶほうへ

でもこうして繋いだ手 ひとりじゃないね

【交通編】ROCK IN JAPAN(ロッキン)に初めて行く人へ

 

今年のロッキンはアツイぞ〜!

珍しいなあっていう方々のロッキン出演のニュースがたくさん。初めてロッキン行く方も多いのではないかと思いまして、今回ちょっとしたガイドブック的なブログを書いてみます。

交通のことやら、エリアのことやら、何回かにわけてつらつらと書いてみますので、参考になれば幸いです。といっても、私も2015年と2016年しか参戦歴はなくベテランではないのであまり参考にならなかったらすみません。

 

エリアマップやタイムテーブルが解禁されていないので(といいつつグダグダしてたらもうすぐ解禁になりますが)ひとまず交通編のことを書いてみます。

 

 

ひたちなか海浜公園に辿り着くまで】

※一番ロッキンを満喫するなら多分車がベストだとは思いますが(テント張ったりとかするなら大荷物になるし、時間を気にしなくていいし)車で行ったことがないので割愛させていただきます。車で行く方は駐車場券つきのチケットを購入する必要があります。所定の場所以外での違法駐車はやめましょう。

 

★電車の場合

水戸駅or勝田駅からシャトルバスを利用する人がほとんどかと思いますので、まずその駅に辿り着く必要があります。

日帰りで東京からロッキンに行くというのであれば、常磐線特急の乗車券を購入して利用するのが良いと思います。(常磐線特急「ひたち」「ときわ」について:JR東日本←座席未指定券ってやつは個人的にはややこしいと思ってるので指定券買っちゃったほうがいいと思う。時間は決まってしまうけどそのほうが確実に座れるし。

そしてシャトルバスの話。

私が利用したことがあるのは水戸駅からのみなのでその話をします。勝田駅のことはわからなくてごめんなさい。*1

当日その場で5〜10分ぐらい並んでシャトルバス券を購入して、その後だいたい20分〜30分ぐらい並んで、渋滞がなければ約40分ぐらいで着く感じです。昨年は、LINEの会話履歴を辿ると8:30頃に水戸駅に着いて9:02にバスに乗れて9:46に着いてました。

シャトルバスを利用した場合、入口ゲート(通称:翼のゲート)の真ん前で降ろしてくれます。なので、あとは入場して目的の場所まで歩くだけです。

f:id:okayutan:20170603083408j:image

 

★主要各地から会場直行ツアーバス

JTBがまあまあたくさんの地域から往復バスツアー(ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 JTBオフィシャルツアー)を用意してくれています。私は横浜からの会場直行バス(往復*2・日帰り)を利用したことがあります。今年もその予定。

集合時間までに指定された場所に行き、早く来た人から大型バスに乗り込むだけで会場に着くので楽ではあります。しかし、問題は渋滞。2015年は高速で事故による大渋滞があり、10:30の開演に間に合わず、メイン会場であるGRASSステージのトップバッターのthe telephonesは全く見れませんでした。

ちなみに、会場直行のツアーバスを使用した場合は、降車場から翼のゲートまで10分は歩いたと思うので注意が必要です。

(補足)翼のゲートからGRASSステージまでは15〜20分程度歩きます。つまり、会場直行ツアーバスを使った場合、現地に着いてからGRASSステージに辿り着くまで30分ぐらいかかると思ってください。

 

 

【終演後の状況について】

 

★電車で日帰り予定の人は時間に注意!!

前述のとおり、GRASSステージから翼のゲートまでは20分近く歩きます。終演あたりになるとみんな出口に向かって歩く+クロークに寄るなどあると30分ぐらいかかるとみたほうがいいです。

参考までに

電車を利用した昨年はGRASSステージのトリの星野源さん(18:30開始)を3曲目ぐらいで抜けて音漏れを楽しみながら出口に向かい、水戸駅シャトルバスを並んでる間に終演の花火(19:30開始)を見ました。そしてバスに乗れたのが19:48。水戸駅に着いたのが20:30過ぎでした。

早めに行動してもこれぐらいだったので、終演してからだともっとすごいことになると思います。聞くところによると、終演後の勝田駅行のシャトルバスは1時間以上並ぶこともあるとか。

あくまで、常磐線特急の指定券で帰るなら余裕を持って行動したほうがいいというところなので(特急の終電も早いし)普通の鈍行で良いというのであれば終演までいても平気…な気はします…。ただ、常磐線に乗れてもその先の交通手段がなくなってしまったら悲惨。

 

その点、バスツアーは楽です。横浜の場合、20:00〜21:15の間で運行しています。特に時間を指定されることはなく、バスが満車になったら随時出発という感じでした。わりとゆっくりできます。

ただ、横浜着いてからの交通手段は自己責任なので、私は20:00には乗り場にいて、すぐバスに乗った記憶があります。なぜならロッキン帰りの渋滞など、到着時刻が予定より遅くなることがあるからです。

シャトルバス、バスツアー、自家用車…どんな形であれひたちなか海浜公園に辿り着くにはほとんどの人がみんな"車"に乗るはずなので、終演後は道路の混雑状況がなかなか大変なのかなと思います。

 

  

おまけ:宿泊のこと

私はいつも日帰りなので宿泊事情は全く詳しくないのですが、水戸駅勝田駅周辺での自力での宿泊場所確保は相当難しいらしいです。

なので考えつく候補としては

  1. キャンプビレッジ(CAMP VILLAGE 2017|キャンプビレッジ|ROCK IN JAPAN FES.|一般社団法人ひたちなか青年会議所
  2. JTBツアー宿泊プラン(ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 JTBオフィシャルツアー
  3. 土浦、柏、上野(JR常磐線特急の停車駅)やその周辺まで出てしまってホテル宿泊*3

とかかなって思います。

キャンプビレッジはその名のとおり、キャンプできます。テントを用意してくれるパターンもあるようです。用意してくれるテントはレンタルじゃなく持ち帰りしなきゃいけないらしいけど、ご興味があればぜひ。

JTBツアーは指定されたホテルに自力で向かい、宿泊するというものです。会場からホテルまで送ってくれるサービスはないものの、だいたい水戸駅周辺で抑えてくれているので便利なのかなとは思います。

自力で宿泊場所探すなら、大洗で観光がてらに宿泊とかもありなのかもしれません。大洗はなにかのアニメの聖地らしいです。(雑)

 

なんか段々と雑になってきたところで、交通編については終わりにしたいと思います。

 

*1:水戸駅は並ぶ時間は少ないけどバスに乗ってる時間は長い、一方の勝田駅は並ぶ時間は長いけどバスに乗ってる時間は短い…で、どっこいどっこいらしい

*2:東京駅のみ片道も売っているけれど、基本は往復なので、行きは電車で帰りはバスに乗りたいということができない

*3:私の偏見ですが、ここぐらいまで出ないと宿泊施設なさそうな予感

日本一好きなロックフェス"メトロック"に関ジャニ∞がやってきた

メトロックは発足初年度から毎年欠かさず行っているぐらい自分にとって特別なフェス。でも今年で皆勤賞が途絶える寸前だった。「絶対来年も来ます」って昨年の参戦記(メトロック2日間参戦してきました。最終日編 - 愛が呼ぶほうへ)で言ってたくせに。

毎年早々に必ず完売前にもチケットを確保してるメトロックなのになぜこうなったか、それは関ジャニ∞の横山くんと安田くんの主演舞台のチケット(どちらも5月中の公演)がそれぞれ1公演ずつ確保できたので、出費的な意味で見送っていたのだ。そしたら

メトロックに関ジャニ∞!?

え、待て待て、横山くん舞台ある日だけど??(それが一番最初に思ったこと。ジレッタ応募する時、メトロックと被るな〜って思ったから。)

安田くんと大倉くん舞台控えてるけど??

発表されていない残り1枠はちょっと気になっていたものの(ちなみに私の予想はMr.Childrenだった)まさかこんな多忙を極める関ジャニ∞がそこにぶちこまれるなんてまっっっっったく思わなかった。我、大パニック。

そして何よりメトロックを見送った理由が関ジャニ∞なのにそのメトロックに関ジャニ∞が出るっていうのが辛すぎる。

しかも、関ジャニ∞フェス出てほしいっていうのも昨年のメトロック参戦記(メトロック2日間参戦してきました。初日編 - 愛が呼ぶほうへ)で書いてる…。

舞台がなかったら(もしくは外れてたら)早々にメトロック行き決めてたのに…ジャニーズに現を抜かしてたバチがあたったのか?これは。

というわけで死にものぐるいでチケットの譲りを探していたら定価で譲ってくださる女神が現れて急遽2days参戦決定して。

そんなこんなで、関ジャニ∞のドタ参のおかげで、私自身メトロック皆勤賞記録を更新できたのである。

ありがとう、関ジャニ∞。(?)

 

まず、当日の様子を記す前に、タイムテーブルを見て思ったこと。

f:id:okayutan:20170522091018j:image

いろいろと印をつけてみると、

  • ハート:関ジャニ∞へ曲提供したアーティスト
  • 音符:関ジャムでセッションしたアーティスト
  • 星:関ジャムで紹介されたアーティスト
  • 王冠:ドリフェスぶり二度目の共演

っていうことで、東京公演の出演者(関ジャニ∞除く)全31アーティスト中12アーティストが何かしらの形で関ジャニ∞もしくは関ジャムに関わっていた。※抜けてたら指摘お願いします!

関ジャムという番組のお陰は大いにあるけれど、ロックフェスのメンツとこれだけの縁があるジャニーズアイドルは関ジャニ∞だけだと思う。だからか、メトロック参戦の発表があった時に、一部のロックファンからは批判があったものの、関ジャムを見ているロックファンの好意的な反応や、歓迎してくれるバンドマン、同じ日じゃないことを残念がるor自分も出たかったと言ってくれるバンドマンもいたりして、そこまでアウェイって煽るほどか?という印象が個人的にはあった。

 

ただ、私は、違った意味で「関ジャニ∞がアウェイ」だと思った理由があった。それは曲の知名度の低さ

フェスに行き慣れてる身としては、例えば関ジャニ∞と同日・同ステージ出演アーティストのキュウソネコカミKANA-BOONサカナクションの盛り上がり方のすごさをずっと見てきている。アーティストが煽らなくたって、お決まりの手拍子や振りや掛け声が出てくるし、その時の一体感は圧巻で。 

そんな中、関ジャニ∞って、ピエール中野さんのDJでお馴染みの「ズッコケ男道」だけでは……。だからKANA-BOONの曲でもやったら??*1とか思ったりもした。フェスは"楽しませたもん勝ち"みたいなところがあると個人的に思っているので、ファンにしか知られていない曲を自己満足にたくさんぶちこんでドヤってシラけられるのは避けてほしいというのが本音だった。

 

でも結果的に

そんなこと思ってごめんなさい!

だった。大丈夫かなぁってビビってたことをちょっと反省した。元から楽しみにしていた人、所詮ジャニーズと最初は舐めていた人…あのWINDMILLにいた人たちに「関ジャニ∞が自分たちのネームバリューに奢ることなく一生懸命真面目に音楽をやっている」姿が伝わってたと思うし、何より関ジャニ∞自身がすごく音楽を楽しんでいて、それにオーディエンスが応えていた。曲の知名度の低さを杞憂していたけど、蓋を開けてみれば"楽しませたもん勝ち"ができていた。

 

あ〜、私だって、ドリームフェスティバルで初めて関ジャニ∞を見たとき「知らない曲だけどめちゃくちゃ楽しい!!めちゃくちゃかっこいい!!っていうか楽器上手いよね!?」って思ったんだったわ。その後ズブズブと沼にハマったんだったわ。

 

ということで、ここからは、◯◯の時の◯◯がどうだった、みたいな細かいジャニヲタ的レポは他の人に任せるので、所感を簡単に。

※丸ちゃんに完全ロックオンな場所で見ていたので、スクリーンや後方のオーディエンスの様子およびやすくん側はほとんど見れなかった。

  • しょっぱな"High Spirits"でロックファンに「こいつら結構楽器できるのでは…?」と驚かすことができてからの"ズッコケ男道"でのスタートダッシュは本当によかったと思う。
  • ズッコケ終わった後、人がWANIMAに流れたらしいけどこれは本当にしょうがない。個人的な感覚としてWANIMAは関ジャニ∞と同じWINDMILLに立てる人気が絶対あって*2SEASIDEに入りきる?ってぐらいのバンドだからWANIMA見たい人が早めに行動したいのは当然のこと。むしろ関ジャニ∞をちょっとでも見てくれたのうれしい。
  • "言ったじゃないか"は知らない人のほうが断然多かったと思うから、村上くんの手拍子とかでの煽りは(この曲に限ったことじゃないけど)とても良かった
  • マイクトラブル?村上くんのマイクがすんごい調子悪い感じで、間奏のセリフのところがちょっとグダグダになりかけたけど、ちゃんと対応できてたのがさすがだった。
  • "NOROSHI"は、エイタメの流れのような感じでくるかなと思ったので序盤にきて、おおっとなった。
  • ロックファン「横山くんってトランペットから何種類ものパーカッションまでいろんなことやっててすごくない?」ってなったはず。
  • "宇宙に行ったライオン"と"象"はやっぱロックファンにウケる曲だよな〜と思った。やすくんの例の瞳孔の開きが話題になってたけど、すばるくんの眼力や中指立てもなかなかだったと思う。
  • 大倉くんの給水→激しくドラムを叩く姿がグッとくる。
  • ロックファン「安田くんってギター上手すぎない?丸山くんってベース上手すぎない?やばくない?」ってなってたはず。
  • 錦戸くんがMCしてるの新鮮でよかったし、舞台裏でちくしょー!って言ってたの見たけどどこで何をミスったかなんて全くわからない。本当にストイックな人だなあ。
  • 丸ちゃんのミス、言われるまで全く気づかなかったし、言われてみればすばるくんの様子がなんかおかしかったな、大倉くんめっちゃ笑ってたなって感じ。
  • おかげで良いまるすばが見れたから無問題
  • 夕暮れ時の"侍唄"って情緒ありすぎた。これ考えたの錦戸くんなのかな?最高。
  • 丸ちゃん、ミスに負けずブリッブリのベースを披露とともに変顔……好き。
  • "Tokyoholic"からの"勝手に仕上がれ"…この流れが良すぎるし、この2曲はせっかく掛け声多めでめちゃくちゃ盛り上がる曲だからみんな知ってるレベルの曲になったら最高なんだろうな。(スクリーン全く見えない場所にいたからわからないけど歌詞的なものは出なかったのだろうか?)
  • 後ろのみんなもよく見えてるぜ  あ ごめんちょっとそれ言い過ぎたわ←この歌詞をフェスの大会場で聞けたのが胸熱
  • まだまだ終わらないから……って最後に"LIFE"はエモすぎるな。
  • 終始大倉くんが安定したドラム叩いてて、余裕さも見えて、あぁこの人がドラムなら何も心配することはないと思えるぐらいだった。
  • 全体的に丸ちゃんのベースの見せ場が多かったので丸山担のわたし大歓喜
  • 結論:関ジャニ∞最っっっ高!!!!!

 

あと………体が2つ欲しかった!!!!!

丸ちゃんのベースをこんな近くで見れる機会なんてもうないと思ったのと、サカナクションを前方で見たかったのがあってずっと最前列付近にいたけど、エイターではない人たちと後ろのほうでわちゃわちゃしたかったし、全体を見たかったし、関ジャニ∞めっちゃ盛り上がってた!!!っていうのを体感したかった。私のいたところはエイターしかいなかったし。

でも、サカナ待機中のときに周りのサカナファンが関ジャニ∞のことを褒めててとても嬉しい気持ちになった。

 

これがきっかけで、関ジャニ∞いいなって思ってファンになるロックファンがたくさんいたら嬉しいし、初めてフェスを体験したエイターがロックフェスっていいな楽しいなって思ってくれたら嬉しいし、来れなかったエイターがロックフェス行ってみたいって思ってくれたら嬉しいなと思った。(また関ジャニ∞がフェスに出ることがあれば、このブログで同日出演バンドのプレゼンをしたい。)

 

…まあ、エイターと邦ロックファンそれぞれに対して苦言を呈したいこともあるけど!

サンダルやらうちわ持参やら、フェスに相応しくない格好をしてくる人

メトロックは一応はダイブなど危険行為は禁止とされているのに*3それを引き合いにしてジャニヲタの居場所はないと言う人

正攻法な出演発表でなかったにも関わらず、マナー違反をするジャニヲタが会場にいたっていうそれだけで、またこういう形でしかフェスに出ることが出来なくなるだろうから、そういうファンのせいで関ジャニ∞のチャンスを狭めることがあるのは悲しい話。

そして、邦ロックファンはジャニヲタを一括りで見ないでほしい。 多分、バカにしてるあなた達が思ってるより、音楽ちゃんと聞いてる音楽ファンのジャニヲタや私みたいにバカみたいにフェス行ってる人間だっている。

 

大倉くんが「トリができるぐらいになりたい」って言ってたみたいだけど、私もそんなフェスに行ってみたいし、一つ言えるのは、あの日の関ジャニ∞は、ファンの贔屓目抜きでメトロック史上でベストアクトの1つになったと思う。幸せ。

 

関ジャニ∞にしか触れてないけど、バンドについても書きたいことたくさんあるし初日も2日目もすっごく楽しかった。気が向いたら書く。笑

ありがとうメトロック。毎年言ってるけど、また来年!!!!!

f:id:okayutan:20170527123152j:image

 

最後にどうでもいい一言。

エイタメツアーの時Tシャツ買わなかったの後悔した!!!

フェス会場でエイタメTシャツ着ている人見て欲しくなるなんて思わなかった笑

 

 

*1:関ジャムでKANA-BOONと"なんでもねだり"のセッションをやったことがある

*2:メトロックのステージの大きさはNEW BEAT SQUARE→SEASIDE PARK→WINDMILL STAGEの順に大きく、人気が出てきたバンドがどんどんステージが大きくなる。WANIMAは昨年NEW BEATだったもののSEASIDEでは収まらない人気が出ているにもかかわらず飛び級をさせない(その代わりSEASIDEのトリを用意した)のがメトロックのこだわりなのかな…

*3:一応は、というのは結局そういう危険行為は発生していて、きっと自己責任でってことなんだと思う。

エイター、初めてモー娘。コンに行ってきた

札幌のあの出来事はもう3ヶ月前の話になるんですね。モー娘。ファンが続々と関ジャニ∞にハマっていく様をニヤニヤしながら見ていた12月10日。

この出来事関係なく、会社の同期にモーヲタがいたのでその人の推しメン"だーいし"は前から知っていたのと、私の愛するPerfumeの後輩"鞘師ちゃん"に一目置いていたので(鞘師ちゃんは卒業してしまったけど)うっすら興味はあったのですが、あの札幌の出来事きっかけで「いつかモー娘。行ってみたいな〜」と何となく思っていた中で、たまたまチケットのお譲りツイートを見かけて会場がパシフィコなんてこりゃ行くしか!と思い、お声かけしたところ譲っていただけることになり、急遽参戦することになりました。

その際、お譲りしていただく時の条件として、モー娘。を布教してほしいということでしたので、このようにはてブロを書いています。

<追記>いつもはひっそりとはてなブログをやっているのですが閲覧数の多さに震えています………。失礼があったら申し訳ありません。あたたかい目でみていただければ幸いです。

 

まずはライブ前日

私のアイドルライブ経験値はというと、【ワンマン】ももクロ・キスマイ・関ジャニ【フェス】V6・NegiccoBABY METALさくら学院ってとこで、普通の人よりかはアイドルのライブの心得は持ち合わせているかな?といったところなのですが、曲とかお決まりのこととか知っていたほうが絶対楽しいので、はてブロ仲間の奏ポルカさんの初めての「モーニング娘。'17」コンサートに参戦するあなたに - 雨の降らない星では愛せないだろう?と関ジャムのモー娘。ゲスト回癒してハロプロ : 【動画あり】モーニング娘。'15 [関ジャム 完全燃SHOW]で予習しました。モー娘。が関ジャムに出た際はまだエイターでもなかったのでこれを機に初めて全編見たのですが、普通に面白かったので見たことない方は是非ご覧ください。

 

ツアー初日だということも知らずに声をかけて、譲っていただくことになったので、初日とわかった時は「あの札幌と逆の出来事!私も知らないなりに楽しむ!」なんて思ってたのに、加入した新メンバー2人の初ライブ、かつ、"やしゅだしゃん"でお馴染みのまーちゃんの復帰ライブでもあるということも知った時には、とんでもない初日だ…これ初心者が行っていいの…とガクブル。

 

 

ライブ当日

ペンライト3500円という値段の高さに唖然とし、結局、本当に関ジャニ∞のペンライト(通称"たこ焼き棒")を持って行ってしまいました。ただ、これが奇跡を生むのでそれは後程。

 

で、結論をひとことで言いますと、

本当に楽しかった!!!

ということで、ネタバレ含みつつ、印象的だった7つのことを感想として書こうと思うのですが、結局メンバーの顔と名前が一致できなかったし、いろいろと勘違いがあったらすみません。生粋のジャニヲタではない故Hey!Say!JUMP(9人)すら多分覚えられていない人間に13人はハードルが高すぎた。

 

それでは参ります

モー娘。コンで印象的だった7つのこと

 

①半端ない運動量なのにブレないダンス

ダンスの激しさは素人目から見てもわかるのですが、いつ何時も力が緩まることがなくて、全力。ほら、関ジャニ∞はよく省エネダンス…(ごにょごにょ)

 

②普通に歌が上手い

パフォーマンスが全力っていうのはももクロにも通じることだけど、すごいのは全然歌もブレてないし、上手い子ばっかり。その中でも、多分、小田さくらちゃんって子だったかと思うけど、超上手かった。で、関ジャムでソロパートが「る」しかないっていじられてた生田さんは本当にソロパート少なかった気がするw

 

③昔の曲に感じる新しさ

モー娘。が一世を風靡していたのは私が小学生の頃だったけど、もちろん私も大好きで、振りコピして歌ったり、プロマイド集めたりしてた時期もあって。そんな時の歌を、メンバーは違えど15年近く経て生で聞けるということに普通に感動した。「そうだ!We're ALIVE」も「恋愛レボリューション21」もめちゃくちゃ好きだったもん。そして、そんな曲たちがかっこよくなって帰ってきたというか、別の曲と混ざってリミックスみたいな感じになっててそれが新鮮だったのと、振り付けも昔と変わってて、昔の曲をやる時は昔の良さを残しつつ進化していくっていうスタイルをとってるのかな?と思った。

モーニングコーヒー」もサビのハモりの心地よさは昔と変わらず、でも当時のメンバーより歌唱力が断然良いし(失礼)なんか違うモーニングコーヒーだった。語彙力なくてすみません。

一番嬉しかったのは「いきまっしょい!」が聞けたこと。横浜市の体育大会in日産スタジアムで踊った思い出の曲で、それを15年の時を経て横浜の地で聞けたのにはグッときた…これは完全なる私情。

 

④フォーメーションダンスの綺麗さ

今回パシフィコの3階席で見下ろすようにステージを見る形だったのですが、フォーメーションダンスのすごさを楽しめる席でよかった。スクリーンでも映してはいるけれど。関ジャムでも披露してくれた「What is LOVE?」の「♡」とか、何の曲だったか忘れたけど「?」とか、綺麗に見えるってすごく大変なことだと思うし、相当練習してるんだろうなって思った。

 

⑤貪欲に笑いを取るMC

アイドルのライブってMCが長くてグダグタするイメージがあるけど(そこで息を整えるっていう役目もあるのだろうけど)モー娘。は意外と短くてコンパクトだなって思った。大喜利コーナー的なのもあったけど、誰かがスベったあとに回し役のメンバーが「笑いを取れる人〜??」とか聞いてて鬼畜だなあwって思った。関ジャニ∞みたいに関西出身でもないのに(大阪弁の子はいたけど)大変なコーナーだ。

おそらく後輩の子が石田さんをめちゃくちゃネタにして爆笑をかっさらってたけど、あとでこれ裏で石田さんに謝るんだろうなって想像したら、頑張れって思った。(先輩をイジったら謝るというのは関ジャムで得た情報)

 

⑥まーちゃんのアイドルスイッチ

まずは、復帰おめでとうございます!エイターからの認知度は抜群に高いであろう"まーちゃん"こと佐藤優樹ちゃん。関ジャムでも、大倉くんに「喋って大丈夫?w」って言われてからの「やしゅだしゃん」だったし、ぽわ〜んとしてる子だなあという印象だったけど、曲が始まった時にはもはや別人。表現力がすごい。エビ中のぁぃぁぃでも思ったけど、どうしてこう豹変できるんだろう?本当にびっくりする。なるべくしてアイドルになったんだなって思う。自分のことまーちゃん呼びするのやめたみたいなのあったけど、やめる必要ないと思う。

 

⑦対照的な新メンバー2人

新メンバーの1人の名字が"横山"ということで、エイター的に横山ちゃんは勝手に注目してはいたものの、どんな子は知らなかったのであまりの可愛さにびっくりした。か、かわいい〜♡って感じ。一方、加賀ちゃんは期待の大型新人というか見た目もパフォーマンスも貫禄を感じた!どちらもこれからが楽しみな2人じゃないでしょうか。

 

メンバー全員の顔と名前が一致できなかったくせに言うのもあれですけど、個性がハッキリとあって面白い子たちばっかだったので、今も「うたばん」があれば絶対タカさん&中居さんに可愛がってもらえたんじゃないかと思います。生田さんと加賀ちゃんは保田大明神やジョンソン枠になりそうな予感。

 

ちなみにですが、個人的にちょっと悲しかったこともあって。

まずは、泡沫サタデーナイトのセトリ落ち。ロックバンド大好き人間としては、赤い公園の津野ちゃん提供曲ということで注目していて、聞いてみて津野ちゃんやっぱすごいわと再認識した大好きな曲なので残念だった。一番聞きたかった。

あと、MCで今年の9月で20周年と言っていたけど、そりゃあ20年も経てば、OGメンバーは結婚して子供いたり、自分はミニモニ。になれると思っていた小学生の私は社会の荒波にもまれる平凡なアラサーになるわな〜と歳を取った現実を突きつけられたこと(笑)

でも、20年続くということのすごさをセットリストから感じられるっていうのはモー娘。の強みだし、こうして重ねていっている歴史をずっと守っていってほしいと思いました。泡沫サタデーナイトをリベンジしたい気持ちもありますし、楽しかったので、また機会あればぜひモー娘。コン行きたいです!

 

………ちゃんとモー娘。の良さを布教できているのか心配ですが、大丈夫でしょうか。

そして、長々書いたものの、正直一番書きたかったのはたこ焼き棒が起こした奇跡ということで、ここからは番外編です。

 

前述のとおり、私はモー娘。公式のペンラを買わずに関ジャニ∞のペンライト(通称"たこ焼き棒")を持っていまして、それでコンサートを楽しんでいたんですね。そしたらコンサートの途中で通路挟んで隣の方に話しかけられて。なんとその方もカバンの中からたこ焼き棒を出して「仲間ですね!」なんて言われて。

譲ってもらったチケットの席でエイターがこんな近くにいる!って感動したものの、超絶怒涛の人見知りを発揮してしまいろくにお話できずに、あとですごく後悔してこんなツイートをしたんです。

そしたら、なんと、私にモー娘。をご教示してくれた奏ポルカさんとお友達だったようで、私のTLにこんなツイートがリツイートされてきました。

もしかして私!?!?いやっ可愛いお姉さんじゃないから違う…私じゃなかったら超恥ずかしい…って思ったりしながら、どうやらやっぱり私のことっぽいってことで、思い切ってリプしてみて、繋がることができました。まさか終演後すぐにTwitterで再会できるとは…世間って狭いですね。

 

<追記>声をかけてくださった、ゆゆこさんもこの出来事を書いてくださってました!(3.18 光るたこ焼き棒事件 - 会わない後悔より会う後悔。

 

いろんな思い出ができた、初めてのモー娘。コンでした。

 

興味本位でA.B.C-Zのお渡し会に行った結果

 

A.B.C-Zって超素敵なグループだね!!! 好き!!!

ってなりましたどうもちょろいオタクですこんにちは。ひまを見つけてはReboot!!!の特典DVD見ています。

 

えびさんはキスマイを好きになった時に知ったグループで、TVで見かけては面白い人たちだな〜って思ってて*1好感度はバツグンによかったのだけど、CDを手に取る機会はありませんでした。バンドからアイドルまで好きなアーティストが多すぎて普段からCD買いまくってるせいで、"ちょっと興味ある"だとなかなか手が伸びない私だったのですが、そんな中で目にしたのがA.B.C-Zの新譜「Reboot!!!」の情報でして。

Reboot!!! 初回限定5周年Anniversary盤(DVD付)

Reboot!!! 初回限定5周年Best盤(DVD付)

えっっっ!!このボリュームでこの値段!?大盤振る舞いすぎない!?しかも初回盤どっちかでも買ったらA.B.C-Zに絶対会えるの!?めちゃくちゃ興味ある〜!!とミーハー魂が炸裂し、友達の後押しもありまして、すぐさま初回盤Bを予約していた自分がいました。のちに初回A盤も買い足すなんてこの時は思ってもいなかったけれど…

 

シングル曲ですらちゃんと知らないし、えびって5周年だったのか〜なんていうレベルの人間だったので、こんなのが行ってもいいのかなぁなんて思いながらベルサール高田馬場に向かいました。ここ来たの就活の合同説明会ぶりだわwwwなんて思いながら、8:30前に着いて先に到着していた友達と無事に合流できて、外で並んでたらわりとすぐに建物の中に入れて。

進むと奥のほうに即席のCD売り場があったんですね。テンション高くなってる私、せっかくだから初回A盤買うわ〜!って買ってましたよね。現場のノリこわい。ということで、結果、2回お渡し会に参加できることに。

 

下の階に降りるとイベント券の引き換え場があるので、買った初回A盤をすぐさま開封して(ちょっと破り方ミスったのは後悔してる)引き換えも完了してテンションは最高潮!!!だったんだけど、ここからが割と長かった……1回目も2回目も。2回目については1回目ハイタッチ後並び直しだったので建物の外で並ぶ時間も相当長くて結構しんどかった……けど、マナー悪いファンもいなく、不快になることも全然なくて、えび担すごいって素直に思いました。

 

2つの待機場所が用意されていて2つ目の待機場所でえびさん全員登場して簡単な前説をしてくれるような流れだったんだけども、えびさんが現れただけで何時間も待った疲れが一瞬にして吹き飛ぶから本当にアイドルってすごい…

ちなみに前説での好きだった発言

1回目:とっつー「おかしですよ!おさない、かけない、しゃべれ!!!」

2回目:塚ちゃん「外寒いでしょ、お腹空いてるでしょ、死んじゃうよね!!!」 

です。

 

前述のとおり、だいぶ待ち時間が長かったのですが、PVを垂れ流してくれるので不勉強な私にとってはだいぶありがたく、結構曲も覚えました。(まだDVD見てなかったからザワザワポイントがわからなくて*2やっぱ予習は大事だとも実感したけれど。)

でもそんな私でも何時間も同じのを見てるとさすがに飽きてしまっていたので、ライブDVDとかも流してくれたらよかったのにな〜なんて思いました。次回もしこういう機会がある時はぜひご検討よろしくお願いします。>関係者各位

 

で、肝心のお渡し会ですが、自分の目の前に現れた5人がそれはそれはキラッキラしてるものだから本当にアイドルってすごい…

1回目は口ぽかーん状態で気づいたら最後のファイルお渡し係のとっつーのところにいて(つまり記憶がほとんどない)すっごいキリッときた顔で「応援よろしくお願いします!!!」って言われました。応援するぅー!!ってなるよね。

2回目はなんか喋ろうと思って、はっしーくんに「今度はすばるくんの歌を歌って!!*3」って言いたいと思っていたけれど、言えなかったまま、再びファイルお渡し係のとっつーに「とっつー!」って言って終わってしまいましたが、とっつーの「ありがとう!」の一言ととびきりの笑顔でもう我満足でした。

 

2回ともとっつーがファイルお渡し係でハイタッチできなかったけど、友達のおかげでとっつーの謎ダンスも見れたりして最後でよかったとも思いました。それと、もし今度またこういう機会があるのなら、足を運んでとっつーに「BUMPのグッズお揃いだね☆」なんてやりたいと思ってる自分がいます。わはは。多分もう戸塚担だし、とっつーとBUMP談義したいよ〜〜〜*4(叶わない願い)(たぶんとっつーのほうが筋金入りのガチファン)

 

そんな話はさておき、なんとReboot!!!」オリコン1位ということで!めでたい!

此の期に及んでこんなことを言うのかという感じですが、正直CDを複数枚買うという行為そのものは個人的にはあまり好きではありません。でも、本人たちの"1位を取りたい思い"と、えび担の"1位を取らせてあげたい思い"がオリコン1位という目に見える結果になったのはすごく素敵なことだと思ったし、素直におめでとうって思える1位でした。あとで見たのですが、はっしーくん、1位取りたいって毎日ジャニーズwebで言ってたんだね。よかったよかった。

 

というわけで、ジャニーズwebで毎日見るページにA.B.C-Zが加わりました。とっつーも毎日?更新してることに驚きです。我が自担関ジャニ∞丸山隆平さんが毎日更新してくれている"丸の大切な日"だけでも課金の価値はあるのにとっつーまで。至れり尽くせりだなあ。

 

そんなわけですっかりA.B.C-Zにハマりかけの私です。なんかよくわかんないけど、なんでだろう、すごく応援したくなるグループですね。これは舞祭組(ジャニーズ沼にハマるきっかけ)を好きになった時と似ている感情な気がします。

あと、ファンのマナーの良さにものすごく感動したのもあります。ジャニーズの現場に行くと一部のファンにげんなりすることって少なからずあって嫌だなって思うことがあるのに、このお渡し会イベントでは一切そういうことがなくて、とっつーの「おかし」もちゃんと守られていました。メンバーとファンの信頼感が絶大なA.B.C-Zだからこそできるイベントだったのでしょう。本当にすごい。関ジャニ∞とかキスマイがこういうイベントやったらと思うと正直ちょっとゾッとするなぁ…

 

そんなことを思っていたらコンサートに行きたくてたまらなくなったので早速ツアーの日程を確認した私です。大宮なら有給とって行けるゾー♡とわかりましたので時期がきたらチケット確保して行きたいと思います。

素敵なイベントをありがとう、A.B.C-Z!!!

 

 

*1:いつだかの音楽番組で滝のように水を浴びながらShower Gateを歌っていたのは最高に好きです。あと、好きなロックバンドのメンバーが塚ちゃんとキャラがかぶるといってアウトデラックスに出演した回は何回も見返すぐらい好きです。

*2:Jr.の振り間違いとか

*3:関ジャニ∞安田くんのソロ曲「わたし鏡」を歌っていたので。

*4:とっつーがBUMPの大ファンなのは知ってて「本と映画と戸塚祥太」っていうTwitterアカウントをだいぶ前からフォローしてたぐらいには趣味が合うと思っていて推しメン(?)ではありました。

話題の某ネタ風に関ジャニ's エイターテインメントが本当に楽しかったと言いたい日記

 

ジャニーズ楽曲大賞で沸いてるジャニヲタの皆様こんにちは。NOROSHIが1位おめでたすぎる!!!!!

そんな楽曲大賞、10位以内にランクインした3曲*1をすべて披露してくれた関ジャニ'sエイターテインメント。

本当に楽しかった!!!!!

ひたすら楽しかった!!!!!

名古屋の1件*2でグチグチ言ってしまったけど、"楽しかった"に尽きるツアーだったなあって思います。素敵なエイターテイメントでした。

っていう気持ちをどうやって書こうかなって思った時に頭をよぎったのがあの某ネタだったので、各メンバーの「ここがよかった」っていうところを某ネタを交えて超ハイテンションで書こうと思います。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!ベースを愛し、ベースに愛された男ォォォ!!!!!
超絶スラップ、一発ギャグ、公開反省会、絶え間ないファンサービス、そして丸山下達郎にサンシャイン丸山!全ての型破りアイドルの生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!丸!!!ボゥ!!!山!!!隆平!!!ジャスティス!!!!!

ということで丸山隆平さん。サンシャイン丸山の登場といい、自担はまさに空前絶後超絶怒涛のアイドルでした。いつ見てもファンサービスで喜ばせようとしてて、足を運ぶギャグ放り込んだらみんなの邪魔した…って反省しはじめて、レンジャーでは謎のハイテンションで最高に面白いし、モノマネうますぎるし。でも、ベース持つと本当にかっこよくて惚れ惚れするしかなくて。ハマくん仕込みのスラップ炸裂…早くDVDで見たいです。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!ギターを愛し、ギターに愛された男ォォォ!!!!!
全力前向き、全力がむしゃら、全力の歌声、全力のギタープレイ、全力の笑顔、全力の衣装監修!全ての全力パフォーマンスの生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!安!!!ボゥ!!!田!!!章大!!!ジャスティス!!!!!

ということで安田章大さん。全力で自分も楽しみ、エイターを楽しませてくれてる姿が印象的でした。 前向きも象の前のギターソロも周りを巻き込んで全力だったの最高にあがりました。あと、やすくんの幸せそうな笑顔って癒しでしかなくて、そんなやすくんの姿見てていつもグッときてました。グッときたといえばThe light。伸びのある歌声…神々すぎでした。今回衣装監修もやったようで、これからも遺憾無く才能爆発させてください。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!トランペットを愛し、トランペットに愛された男ォォォ!!!!!
なぐりガキBEATトランペットのソロ、ひときわ美しい白さとそれを見せつける奇抜衣装、キッズダンサーより派手に間違えるダンス、最弱王!全ての驚きの生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!横!!!ボゥ!!!山!!!裕!!!ジャスティス!!!!!

ということで横山裕さん。いつかは忘れたけどパノラマのダンス派手にミスってて笑ったし、最弱王(ライブ関係ない)な横山さんだったけど、なぐりガキBEATは最初から最後までとにかくかっこよくて映画も含めリリース楽しみです。ハダカで彫刻美をまざまざと見せつけられたけど、美しすぎて直視しづらい人なんですよね。ライブ行くと、か…かっこいい…って必ずなってしまうのがよこちょ。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!高槻を愛し、高槻に愛された男ォォォ!!!!!
KINGのパフォーマンス、余裕のあるピアノ演奏、綺麗なダンス、各方面への配慮、全てのエイタメ仕事人の生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!村!!!ボゥ!!!上!!!信五!!!ジャスティス!!!!!

ということで村上信五さん。村上さんは素晴らしい仕事人って思いました。下世話だけどMCで親の話になったときの配慮*3とか、「全国にいるエイター」の一言だったり。あとピアノ。本当に上手くなったし素人目で見ても結構細かいことやってるような…今後バンドの可能性をさらに広げるのは村上さんだと思いました。KINGは名曲王様クリニックをひっさげたパフォーマンスかっこよかったです。公演を重ねるごとに紫の海*4になっていったの感動。てか村上くんってダンス綺麗よね?

 

※余談ですが、京セラドーム行く前に聖地タワレコ西武高槻店行ってきました。村上さんの愛されっぷりに感動したので「高槻を愛し、高槻に愛された男」にしました。

f:id:okayutan:20170121113144j:image

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!ドラムを愛し、ドラムに愛された男ォォォ!!!!!
オーラス無事出席、生まれた時から貴族な株主、息を切らしながらの最後の決意の挨拶!全ての印象に残るMCの生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!大!!!ボゥ!!!倉!!!忠義!!!ジャスティス!!!!!

ということで大倉忠義さん。私はバカなので「象のあのドラムの後に喋らせるなんて鬼畜w」って思ってました。でも大倉くんがする意味があって、昨年の今頃の思いがやっと、こう、成仏できたのかな…と。私もボキャブラリーが少なくて上手く言えないですが(笑)ドラムは言わずもがなかっこよくて、レンジャーでは笑いを取り、ユニット曲では色気をばら撒き、楽しい曲では笑顔を振りまく大倉くんはやっぱりスーパーアイドルです。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!歌を愛し、歌に愛された男ォォォ!!!!!
突然のカメラ独占、満面の笑顔、ウィンク、ダブルピース、尿漏れ!全ての黄色い悲鳴の生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!渋!!!ボゥ!!!谷!!!すばる!!!ジャスティス!!!!!

ということで渋谷すばるさん。本当に今回は「すばるくんどうした!?」ってライブ中に言っちゃうぐらい、笑顔でピースとか、ウィンクをキメたりとか、アイドルの中のアイドルでした。これは全エイターが"ゔっ…"ってなるぐらいの破壊力。でもバンドセクションのすばるくんは震えるほどかっこよくて、特にNOROSHIの「う〜〜〜ハァーーーッ」の魂の叫びにはうるっときました。ロックでキュートなすばるくん大好きです。

 

イェェェーーーーーイ!!!空前絶後のォォォ!!!超絶怒涛のジャニーズアイドルゥゥゥゥゥ!!!音楽を愛し、音楽に愛された男ォォォ!!!!!
I don't like you Tokyo!! I don't hate you Tokyo!! 全ての"神曲Tokyoholic"の生みの親ァァァ!!!そう彼こそはァァァ!!!錦!!!ボゥ!!!""戸""!!!亮!!!ジャスティス!!!!!

ということで錦戸亮さん。前に言ってた最高傑作が出来たとは「Tokyoholic」のことでしょうか?最高傑作すぎます。関ジャニ∞のエンターテイメントを提示するという今ツアーでしかるべき曲をぶちこんできた錦戸くんのセンスに脱帽するしかありません。こういう曲があるからTAKOYAKI in my heartみたいな曲も映えてくると思いますし。そして、オープニング映像も錦戸くんのセンス大爆発。これからももっともっとライブ構成に関わってほしいです。

 

 

セトリにすごく賛否両論あったようでアルバムという括りがない以上もっとセトリを工夫できた(普段やらないようなレア曲をやってほしかった)のでは?という意見はわかるんですが、

  • 東京が嫌いでも嫌いになれないと関西出身の人気アイドルが歌う「Tokyoholic」
  • 今の関ジャニ∞に足りないところを追求したという「Black of night」

があって、パブリックイメージである"関西の元気なお兄ちゃん"(定番曲披露)っていうところ、メキメキとスキルをあげているバンド演奏を見せてくれたところ、エイトレンジャー復活に「関ジャニ∞のエンターテイメント」を存分に見せてもらったと思ってるので、私的には大大大満足です。もちろん私がド新規なファンだというところもあるのですが、定番曲はさらに楽しく、キメるところはビシっとキメるみたいな、そういうところが大好きでした。

まあ、1曲目がNOROSHIでドームを闊歩しはじめた時に「オイオイ、NOROSHIはバンドやらないんかーい」ってズッコケそうにはなったけれども(笑)でもチンピラ風NOROSHIで始まってバンドのNOROSHIで終わるとは…至高すぎ…さすが関ジャニ∞。 

そういえば、開演5分前に流れる映像だって「織姫と彦星は3秒に1回会ってるから会いすぎるとマンネリになるよ」みたいなくだりがありました。まあでも、こちらとしてはそのマンネリを打破してほしさもあるし……関ジャニ∞は彼氏なのか???(笑)そしたら私は(自分的にはちょっと違うな〜というところがあっても最終的には)"あなたの好きなことやりな"って言える彼女でいたいですね。

と言っても、「Tokyoholic」と「Black of night」の2曲をメンバー自身が作ったというところ、アコースティックバンド演奏を日替わりでやれるところ、元々バンド曲じゃない曲をバンド演奏できるようになっているところ等、音楽面における関ジャニ∞には信頼しかないので今後の関ジャニ∞が楽しみでしかないです。特にヤンマーの才能が大爆発の狼煙をあげているので、初夏に出るというアルバムがどうなるのかわくわくしてしまいます。

あとは、丸山隆平という大穴もいますからね。楽曲大賞で反響を呼びすぎている「ふわふわポムポム」…やっぱり悔しいので*5夏ツアーのセットリストにいれませんか??

 

注文の多い彼女(エイター)ばかりだけど、誰しも夏の5大ドームツアーを楽しみにしてることは間違いないので、各々の個人仕事で忙しくなるとは思いますがくれぐれも体にはご自愛ください。

 

*1:1位NOROSHI、4位罪と夏、6位Black of night

*2:12/25のみの「ふわふわポムポム」披露に「当たりくじ発言」

*3:12/24名古屋公演にて、クリスマスプレゼントの話になったとき、丸ちゃんには自然に妹の話をふり、横山くんには回さずスタンバイさせた

*4:ペンライトの色替え、ももクロやキスマイで慣れてた私は、エイターはなぜカラチェンペンラ活用できないのだ下手くそかよって思ってたけど、オーラス大阪にはめちゃくちゃ綺麗に紫に変わっていて感動した

*5:*2参照

今更だけど12/25名古屋公演のことを話したい

 

関ジャニ'sエイターテインメント、

お疲れ様でした!!!

本当に本当に楽しかったです!!!

圧倒的多幸感に満ちたツアーでした!!!

 

すっっっっっっごく楽しかったことはまた後ほど別の記事で書こうと思っていますが、下書きに9割ほど書いたまま放置しててタイミングを逃した記事がありまして。消そうかと思ってたけれど、やっぱり公開しようと思いました。此の期に及んで!?っていう感じだし、Twitterでグダグダ言うのはこれで最後にする!って言った件なのですみません。でも「確かに動いた心をなかったことにしてしまうのが自分の心に失礼だから*1」ブログでは書き残しておきたいことを自由に綴ることにします。

 

※大事なことなので2回言いますが、関ジャニ's エイターテインメントがひたすら楽しかったっていう感想記事はまた別であげます。私は本当にこのツアー大好きでした。

 

12/25の名古屋公演でのふわふわポムポム披露および当たりくじ発言。荒れましたね。私も荒れました。Twitterだと感情的に書いたところもあったので、改めて冷静に文章にします。

私は名古屋24日のみ遠征したのですが、25日は交換見つからないし翌日が業務繁忙ってわかってたから冷静に考えるとしんどいな…ということで行くのをやめたんですね。そうしたら25日の公演でふわふわポムポムをやったと。多分というか絶対「24日は遠征したのにな」っていう自己都合の気持ちもあったけど、それ以上に、ふわポムを25日だけにやるというのがどうしても解せなかったのです。

サプライズで1曲増えるなんてジャニーズのライブならあるある話だし、他アーティストでも珍しくないし、そんなのわかってます。(今までそれで自分がおいしい思いをしたことだってあります。)だから、ふわポムじゃなかったらこんなにグダグダ言ってません。間違いなく。

ふわポムはリサイタル特典DVDであれだけ盛り上げておいて、大倉くんがセンターとまで決まっていて。エイタメでやると思うじゃないですか。すっごく楽しみにしてました。でもやらなくてがっかりしてたところに、丸ちゃんが雑誌でふわポムをセットリストから外したことに言及していて。だから、やらないことに納得できていたわけです。"関ジャニ's エイターテインメント"と銘打っておいて、あんな不思議感満載の曲をここでやらなかったらいつやるんだ?とも思ったけども。

だから、なんで25日だけのサプライズ披露?しかもアンコール?本編ならまだしもアンコールならば雑誌で言っていた曲の世界観がどうとか関係なくない?クリスマスだけじゃなくたってどこの公演でだってできるよね?としか思えなかったです。 ちゃんとリサイタルDVDを買ってFFPPを見てふわポムを楽しみにしてたけど25日行かなくて聞けなかったっていう人に「運が悪かっただけ、落ち着けよ」って言われたら、落ち着け私って思えてたのかな…

 

そして、「当たりくじ発言」にもいろいろ思うことはありました。せっかくなので、これについての考えも文章にして残したいと思います。

関ジャニ∞がどの公演も全力でやってくれてるなんてそんなことわかってるし、みんなが同じだけ幸せになることなんてありえない、平等なんてないのは、いろんなライブ行ってる私からしてみればわかりきっています。そこを突っ込んでいる意見については私にとっては的外れな話で、問題は演者本人が「当たり」って言っちゃうの?っていうところなのです。

 

私自身参戦した全公演は自分にとって特別な思い出ができました。たとえば、日替わりアコセッションでローリングコースター(その日初披露だったから思わず叫んだ)が聴けたとか、7色のサンタさんが見れたとか、オーラスのTAKOYAKI in my heartとか。どれも最高だったし、参戦してよかったって思ってます。だから、あえて言葉を借りるけど、私にとって全部「当たり」なのです。(というか関ジャニ∞のライブ行けるだけの時間と金銭面の余裕がある時点で幸せ者だと思ってます。)

つまり、あくまで当たり外れは個人のいろんな基準で決める(決まる)ものであって、演者自身が「当たり」なんて言わないでほしいのです。中には席の良し悪しやファンサもらえたもらえなかっただけで当たり外れが決まる人だっているでしょうし。

 

「当たりくじ」というその言葉が無意識に出てきた言葉であまり深い意味がなかったとしても、◯万人のファンがいるアイドルである以上、言葉には本当に気をつけたほうがいいと思うのです。来られなかった人のことを考えているっていう気持ちはすごく嬉しくてその気持ちに嘘はないと思うけど、それで会場を盛り上げるために出る言葉が「当たりくじ」になっちゃう?とは思ってしまいます。*2

他公演でもMC中の発言で荒れたりするということがあったみたいですが、たぶん「なんで荒れてるの?」って思う方もいらっしゃるようなことだってあるんですよ。私だってその立場になることだってあります。でも「発言の真意を察しなければならない」ような言い方では、本当に伝えたいことがちゃんと伝わらなくて結果的に「荒れる」という結末を迎えてしまうのだろうし、それは本当にもったいないです。

私が前に書いたブログ(ファンの間では通じること=世間に通じること、ではない - 愛が呼ぶほうへ)で述べたことと、根本の考え方としては似ているかなと思います。まあそもそもサプライズで披露したのがふわポムじゃなかったなら、当たりくじ発言でこんなにも荒れることはなかったとは思いますが。

もし、25日参戦していない人で(名古屋公演は行ったけど25日は参戦してない人がいればなおさら)私の意見とは真反対だという人がいたらその方の意見はすごく興味があるので、ぜひ聞かせてほしいです。

そもそも25日参戦しなかったお前が悪い(笑)って思ってる方もいらっしゃるだろうけど、確かにそうなんだけど、行っていたらきっと翌日支障が出たと思うので(それぐらい忙しかったし、30日まで仕事で、CDJカウントダウンもあるから体調崩したくなかったし)……自己都合になっちゃうけど、やっぱり終着点は"ふわポムを"(※ここ強調)25日にしかやらないという選択になった憤りでした。*3

それならリサイタルのDVDの特典で盛り上げないでくれよって思うのは間違っているのかなあ。ただでさえ自由度が高かった今ツアーでやらずして、アルバムひっさげた夏のツアーでやってくれるのでしょうか?

 

これだけグダグダ言ってしまったけど、私はやすくんの「ザ・テレビジョンCOLORS」のインタビューを見てすごく感動して、クリエイター安田章大に一生ついていきます…!!って思ったぐらいだし、オーラスで初めて安田くんの全力前向きや全力がむしゃらの一部始終を肉眼で見れて「やすくん本当に大好きだー!!」って思いました。象の前のアツイギターソロなんか言わずもがな。

 

そしてやっぱり行き着いた先は

関ジャニ∞の音楽が大好きだし、音楽を楽しんでいる関ジャニ∞が大好き。

というところなのです。

 

セトリやステージ構成に賛否両論あった今ツアーだけど、私自身はめちゃくちゃ楽しめて、楽しすぎて、スクリーンに映る関ジャニ∞メンバーがすっごい笑顔なだけですっごい幸せな気分になれました。

だから、リリースされるDVDも、初夏に出るアルバムも、夏のドームツアーも、本当に本当に本当に楽しみなんです。ただ、こういうちょっとしたことで、うーん…ってなるのが少し残念、ただそれだけなのです。

 

不快になった方いらっしゃったらごめんなさい。しがないド新規エイターからは以上です。

 

 

*1:ポルノグラフィティ新藤晴一さんの言葉

*2:関ジャニ∞で言葉選びが上手いのは村上さんなのかなと思います。オーラスでの「全国にいるエイター」「ここに来れなかったエイター」という言葉はすごくよかったなって思います。

*3:余談ですが、ライブに対する思考については前にブログに書いているので、よかったらジャニヲタがカルチャーショックを受けそうなロックバンドの話 - 愛が呼ぶほうへをご覧ください。

2016年 関ジャムセッション 勝手にベスト5

新年、あけましておめでとうございます!

ご挨拶もしないまま、そして、下書きに3つも記事が残ってる中、新年を迎えてしまいました。どれだけの筆不精…。私は趣味が多くTwitterにたくさんツイートを垂れ流してしまうので、その迷惑を考えてブログを開設したのにこの有様…反省です。

 

というわけで早速残っているうちの1つを書き上げます。ドリフェスを機に関ジャニ∞にハマってから2016年の関ジャムはすべて見たので、個人的に勝手にランキングつけてベスト5を発表してみますっていう自己満足記事です。うっっっすいコメント付きです。

最初に断っておきますが、楽器の演奏スキルについてはわからないので、完全に私の好み(ゲスト含め)で「良かった!!!!!」っていう感覚論によるものです。

 

それでは発表します!!!

 

5位

ANOTHER WORLD/GACKT

丸ちゃんのボーカルが素晴らしかった。そして楽器組も合わせてみんなサビの手を挙げる振り付け(?)を合わせてたりしててめちゃくちゃ楽しそうだった!!GACKTさんもとても笑顔だったのが印象的。

 

4位

ココ☆ナツももいろクローバーZ

関ジャニ∞ももクロヒャダイン曲でコラボすることを心待ちにしていたので念願叶ったセッション!!!

すばるくんの「逆回転」、夏菜子にちょっかい出す大倉くん、楽しい歌なのに必死な横山くん、なんかいろいろ落ち着いてない丸ちゃん、みんなかわいかった〜!!強いて言えば、ここにやすくんがいてほしかった。

 

3位

つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅ

ただただかわいかった。ヤンマーは本当にアイドルだった。錦戸くんのカメラ目線+笑顔とやすくんの安定感。丸ちゃんも少し長めの髪を振り乱しながら一生懸命踊っててたし、これまた必死な横山くんが申し訳ないけどちょっと面白くて頑張れ!!ってなった。

 

2位

勝手に仕上がれ/関ジャニ∞

待ってましたOKAMOTO'Sとのコラボ!!!関ジャニ好きになる前から好きなバンドっていうのと、曲提供者ご本人とコラボっていうのは本当に関ジャムの醍醐味だよな〜と実感。せっかくなんだから全員いてほしかったという思いはありつつ。丸ちゃん免許皆伝おめでとう!!

 

1位

ズッコケ男道/関ジャニ∞

丸ちゃんがいなかったってことだけが本っっっ当に残念だけど、最高に素晴らしいセッションだった。凄腕ミュージシャンとご一緒することで元々この曲が持っている熱量がよりあがったんだと思いますが思わず頭振りたくなった一曲。kenkenのベースえげつない最高。

 

と、このランキング自体はエイタメ東京初日のに書き連ねていました。2016年内にアップできればいいかな〜と思いながらダラダラしてたんですが、12/18の放送を見ていて大爆弾キタコレ。

 

次回予告、年内放送最後12/25の回……

本間さんがゲスト!?!?

ビートルズセッション!?!?

 

蔦谷さんとヒャダインがゲストで来てから本間さん来ないかな…ってずっと思っていて。ポルノファンとして本間さんゲストを熱望してたのです。*1

そしてビートルズセッション…アツすぎる…ビートルズは親が好きなので小さい頃からなんとなく馴染みがありまして、結果として、本間さんはセッションには参加しておらず、関ジャニバンドとしてのセッションでしたが、いやはやそれが最&高でした。

ボーカルとコーラスを入れ替えながらっていうのが本当にかっこよくて、それぞれがボーカリストとしても楽器隊としても実力があるからできることであって器用だなあと感心してしまいました。個人的にはすばるくんの上ハモが大好きです。

 

なので、1位は、ズッコケ男道とビートルズメドレーの同率ということで!!!

書き直すのがめんどくさかったわけではありません。5位のGACKT様とのセッションもランキングから落とすにはもったいぐらい好きなセッションなので。という言い訳。

 

それと、残念ながらランキングには漏れてしまったものの各メンバーこのセッションよかったな〜というのをあげていきます。(そもそもランキングつけるの相当悩んだ……良いセッション多すぎなんだもん……)

 

題して、ベストセッション(各メンバー編)

 

丸山隆平さん

 

安田章大さん

 

渋谷すばるさん

  • Bring me up!/久保田利伸
  • She's Out Of Life、Shake Your Body(Down To The Ground)/マイケルジャクソン

 

錦戸亮さん

 

大倉忠義さん

 

村上信五さん

  • 王様クリニック/TAKATSU-KING
  • 桃太郎/水曜日のカンパネラ

 

横山裕さん

  • ワタリドリ/[Alexandros]
  • 宙船/TOKIO

 

 

最後に、今後の 関ジャムに期待することとして、横山くんをもっとフィーチャーしてほしいかなというところがあります。

横山くんがメインボーカルでのセッションがなかったので何かあればいいなと思うのと、メキメキ上達してるトランペットで"おぉ〜!!"ってなるようなセッションがほしいです。

横山くんのベストセッションは正直に言うとちょっと苦し紛れに出したところもあったりするので…横山くんのアレめっちゃよかった!!っていうのが来年の今頃にあればいいなって思ってます。

あとは、これは完全に個人的な願望なのですが、大倉くんの歌声担としては大倉くんにもっと歌ってほしいのと、プロデューサー回にはヤンマーを出席必須にしてほしいです。

 

最近、業界の方の中で関ジャムがバズってるのが非常にうれしいので今年も素敵な番組でありますように。興奮するセッションがたくさん見れますように。様々なゲストからたくさん良い刺激を受けてさらに関ジャニ∞の音楽が実りあるものになりますように。2017年、関ジャニ∞の音楽面での活躍が楽しみです。

 

ブログを見てくださっている皆様、昨年は大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします!

 

*1:本間昭光さん、デビューからポルノのプロデューサーをやられてた方で、ポルノのいわゆるヒット曲の作曲者はだいたい本間昭光さんなのです。(アポロ、ミュージック・アワーサウダージ、アゲハ蝶、Mugen、メリッサ、愛が呼ぶほうへハネウマライダーなど。ちなみに作詞はギターの新藤晴一さん。)私の記憶が正しければ、いきものがかりが「ありがとう」をリリースしたあたりからポルノのプロデュースを徐々に離れていった気がします。