読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛が呼ぶほうへ

でもこうして繋いだ手 ひとりじゃないね

3月23日

2015年、キスマイの新春イベントから始まり推しの面々のリリースラッシュ等が続いて書きたいことがたくさんあったのでブログ開設したにもかかわらずなかなか書けず…

こう見えて(?)平日は新年度対応絡みで年明けてからストレスも疲れも常にMAXです。Twitter上であまりそういう感じに見えなかったとしたらそれはキスマイが元気をくれてるおかげです。リアタイして元気もらって寝ないと次の日頑張れないから。

そんな話はさておき、重い腰をあげて今日ブログ書くのには理由があります。

今日3/23はKis-My-Ft2そして舞祭組の千賀健永さんの24回目の誕生日だから。

お誕生日おめでとうございます!!!

千賀担になって初めて千賀くんの誕生日を迎えたので、いろいろ書きたいと思います。
昨年の今日はまだキスマイに興味なかったので不思議な気分です。

キスマイにハマったのは実は玉森さんがきっかけなわけですが(話すと長くなるので割愛)玉森担はすぐ終わるというか担降りというジャニヲタの基本用語も知らないうちに千賀担になりました。

底なしの千賀沼にハマったのは……
舞祭組の全力パフォーマンスを見たのがきっかけですが、ピュアで天然な一面を持ち、割とイケメンなのに口をイジられゴリラキャラにもなってる(+オネェキャラも確立)のに、ものすごく負けず嫌いでダンスはじめアイドルとしてのスキルの高さは文句なしでアーティスティックなとこを知ってから。

舞祭組で初めて千賀くんを認識しましたが、棚からぼたもち見たさに買ったDVDで、Kis-My-Ft2としてステージに立つ千賀くんのキラキラ&ギラギラ度に一瞬にして心を奪われた記憶があります。アイドルでしかなかった千賀くん。舞祭組の泥臭さと全く逆の魅力。そして裸の時代を読んでロックオンです。

自分と同世代の男子が、悔しい思いしても、不本意なことがあっても、腐らず全力で自分に与えられた壁をひたすら乗り越えていってるのはすごく励みにもなります。
与えられた課題とか本当にしっかりこなすし、むしろ期待を超える。UTAGE!のピアノ演奏はいつ見ても感動して涙出てくるもん。

(ちょっと話変わりますが、10000字インタビューって舞祭組結成前にやったものだから、もう一回やってほしいと思うの私だけですかね。舞祭組に対しての本音とか、舞祭組が出来たことで7人それぞれ思いに変化は絶対あると思うので)

そんなこんなで、いまは千賀くん筆頭で舞祭組に盲目な毎日です。
特にニカ千は理想の男の友情なので、これからも仲良しでありつつお互いを高め合って、良きライバル関係でいてほしいです。

24歳になった千賀くん。よっ、年男。
改めてお誕生日おめでとうございます。
Kis-My-Ft2としても舞祭組としてもますます飛躍してほしいです。
特に、ジャーニーのStrikerみたいにチョーカッコイイ振り付けをまたライブで観れること、魅せてくれることを期待してます。

これからも素敵なアイドル千賀健永でいてください♡


記念すべき?初投稿でした。